葉酸とビタミンB12との関係性について考える

葉酸は人間が生命活動を営んでいく上で大切な栄養素であるという事はご存知の方も多いでしょう。
今では、サプリメント類なども販売されていますので摂取しやすい環境も整っています。
とはいえ、葉酸だけを摂取していれば健康でいられるのかというとそうではないのです。
葉酸はビタミンB12との由来が深い成分でもあるのです。
そこで今回はビタミンB12との関係性について見ていきましょう。

ビタミンB12の存在について

葉酸とビタミンB12は切っても切れない関係性といえるでしょう。
なぜかというと、それぞれの成分が「お互いに補い合っている」という関係性だからなのです。
このことでお分かりになられるかと思いますが、どちらか1つが不足状態になってしまうとその機能を十分に発揮できないのです。

また、どちらの栄養素も「増血ビタミン」ともいわれているのです。
赤血球の形成・再生に対して大きな役割を持っています。
ということ、どちらかが足りなくなってしまうと赤血球が減ってしまい、貧血だと感じることも多くなるのです。

改めてチェックしたいビタミンB12について

ビタミンB12は、肝臓に蓄えられているビタミン成分です。
ですから、不足しておこる貧血は鉄分不足からくるものよりも悪性であるといわれているのです。
これ以外にも、胃腸の障害から頭痛さらには全身の倦怠感・口内炎が出やすくなるなどといった症状も出てしまうのです。
さらには、ビタミンB12は神経系にも大きな関係があります。
不足をすると、中枢神経や末しょう神経障害へのリスクが高くなってしまいます。

現代人は不足傾向もみられるようになった

一般的な食生活を送っていれば不足になることは少ないとされていたのですが、これら成分は現代の日本人は不足傾向も危惧されているのです。

要員として考えられるのは食生活が変容したことでしょう。
コンビニエンスストアで食品を購入し食べることが増えたという方やインスタント食品ばかりを食べているという方の増加がその1つとして考えられているのです。
さらには、これら成分は喫煙やアルコール類の多量摂取でも破壊されてしまうのです。
ストレス社会といわれるようになり喫煙やアルコールの多量摂取をする方増えたともいわれており、これが不足傾向の要因ではないかともされているのです。

改めて意識をしてみたいポイント

何気なく食事を摂取しているという方が大半かと思いますが、こうした点についての知識を持ち意識を持つということも良いのではないでしょうか。